志望校に特化した指導

婦人と学生

二次試験対策や体調管理も

大学には様々な学部がありますが、その中で特に入学難易度が高いのは医学部です。というのも医学部は、大学にもよりますが、偏差値がおおむね70台となっているからです。80台というところもあるので、入学試験に合格するためには、高い学力を身につけることが必要となります。そのため医学部入学を目指す人の多くが、専門の予備校に通っています。予備校では、医学部の受験科目に的を絞った学習を進めていくことができます。また私立の医学部の場合、大学ごとに入学試験の出題傾向が大きく異なっているのですが、予備校ではそのデータが揃えてあります。そのため受験科目だけでなく、志望校に特化した学習も可能となっているのです。また、通常は小論文と面接による二次試験が実施されるので、その対策もしっかりと行われます。さらに、科目や志望校ごとにクラスが分かれることから、必然的に少人数制となります。そのため講師の目が生徒1人1人に届きやすく、指導が濃密になるというメリットもあります。加えて予備校では、受験日が近づくと、個々のコンディションの調整も行われます。風邪をひかないようにするために体調をしっかりと管理したり、当日に実力を出し切れるように集中力を高めていったりするのです。こういった指導により、予備校に通った生徒の合格率は、通わなかった生徒と比較すると高めとなっています。中には合格率が約80%という予備校もあり、医学部入学を強く希望している生徒から注目されています。

小学校では習えない

男女

将来、医者になりたいという人は、小学生のうちから医学部受験対策をしておくと安心です。医学部受験向けの個別指導塾を選択しましょう。小さいうちは苦手分野を克服し、高校生になったら本格的に医学部受験対策の学習を行えます。

進学を希望する学校の情報

大学生

進学先である受験校の情報を集めるには、学校の先生に聞く方法以外にも様々な方法があります。その中でも、最も有効となるのが、進学イベントに参加することです。それぞれの学校では、進学イベントであるオープンキャンパスが行われており、訪問することによって学校の特徴を知ることができます。

理系の新しい学部選び

大学生

理系学部の情報サイトでは偏差値などの受験に関する情報から自分に合った学部を探すことが多いですが、エフラボでは研究内容から最適な大学・学部を探せます。また、多くの研究者のインタビューが掲載されているエフラボでは、入学後の研究活動を具体的にイメージできるというメリットもあります。